スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【拳銃変形】トランスフォーマーガンズ【中国変形】

4丁拳銃
四つの拳銃が変形するロボット
半年振りの更新となります


ベレッタ01[1]
『92FS』中国語はわからないので大文字で書かれてる名前だけピックアップします
銃についても無知ですが調べた結果「ベレッタ」らしいです

ベレッタ02[1]
いろいろな方向から撮ったのを並べてみます

ベレッタ03[1]

ベレッタ04[1]
銃弾発射ギミックがありボタンを押して発射します
引き金を引いて発射という凝った作りでは残念ながらありません
引き金はそもそも固定されて動きません


ベレッタ05[1]
変形開始です
グリップをパカッと開きます


ベレッタ07[1]
撃鉄の下部分をぐいっと曲げます

ベレッタ08[1]
銃身部分をぐるりと横回転

ベレッタ09[1]
立たせると人型っぽくなりました

ベレッタ10[1]
手を曲げ頭を出し
変形完了!!


ベレッタ10-1
斜め

ベレッタ12[1]
後ろ

ベレッタ11[1]
顔アップ


トカレフ01[1]
次は『CN54』
調べた結果恐らく『54式拳銃』でトカレフの中国版、いわばコピー品?
もし違うならごめんなさい


トカレフ02[1]
銃弾の形が変わりました

トカレフ03[1]

トカレフ05[1]

トカレフ07[1]
何故か弾をこめるのは照準器の方です
照準器の後ろについてる棒を引っ張って発射!という形です


トカレフ08[1]
変形開始です
照準器は外して銃の上部をパカッと開きます
この時点で大体の形が見えてきました


トカレフ09[1]
続いてグリップ部分もパカッと開きます

トカレフ10[1]
脚部分と腕部分を生成していきます

トカレフ12[1]
銃口部分を背中に倒し照準器を腕に装備し
変形完了!!


トカレフ13[1]
斜め

トカレフ14[1]
後ろ

トカレフ11[1]
顔アップ


リボルバー01[1]
続いては『CP357』
調べた結果、恐らく.357マグナム弾を使用していたリボルバー、「S&W M27」かと・・・
「ザ・357マグナム」との名前でも呼ばれていたそうだからこれで多分合っていると思う

コメントによると「コルト・パイソン」が正解らしいです
銃の見た目的にこっちのほうであってますね・・・申し訳なかです


リボルバー02
弾の形の違いはまああまり気にしないほうがいいのかも

リボルバー03[1]

リボルバー04[1]

リボルバー05[1]

リボルバー06[1]
変形開始
グリップ部分を弾倉の一部分ごとパカァッ!


リボルバー07[1]
銃身をポキッ!

リボルバー08[1]
手足の位置を調節します

リボルバー09
頭を出し
変形完了!!


リボルバー10[1]
斜め

リボルバー12[1]
後ろ

リボルバー11[1]
顔アップ


モーゼル01[1]
最後、『M1932』
調べた結果「モーゼルC96」という自動式拳銃らしいです
種類がいくつかありその中の一つ、「モーゼル・シュネルフォイヤー」です
1932年に作られたからM1932と呼ぶらしいです


モーゼル02[1]

モーゼル03[1]

モーゼル03-5

モーゼル04[1]

モーゼル05[1]
変形開始
グリップと弾倉をパカッとな


モーゼル06[1]
ガチャンガチャン

モーゼル07[1]
残念ながらこれは人型ではなく

モーゼル08[1]
戦車?型に変形するのでした
変形完了!!


モーゼル09[1]
何の戦車かはわからない
調べるのは骨が折れる


モーゼル10[1]
なんでこれだけ人型じゃないんだ?という疑問はあるが
あちらの人の考えはよくわからない

すいませんでした一応「頭部」はあったみたいで
↓が本当の変形後となります


DSCN1090[1]

DSCN1089[1]
顔アップ

モーゼル12[1]
まあカッコいいからいいや


4丁拳銃3
以上、トランスフォーマーガンズでした
いずれもカッコよくて変形はそれほど難しくなく楽しく行えました
変形ロボのレベルとしては非常に優れていると感じた


4丁拳銃2
私事になりますがこの一年は本当色々あった
失職・デジカメ紛失・なかなか就職できず金がヤバイ
本当にぎりぎりという形で何とか再就職が出来て本当によかった
素晴らしい一年だったと思う

トランスフォーマーガンズは後4種あってこのページで紹介したのが『拳銃』
次が『機関銃』となります。来年紹介します
来年もいい年でありますように
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

Comment

No title

どうも、明けましておめでとうございます。

銃の形の玩具なので発射機構があるってのは良いなと思うんですが、
銃身に仕込めなくてスコープからのもあるっていう発想がなんとも言えずスゴイなと。
強引と言うべきか柔軟と言うべきか…そういうとこもこういう玩具の魅力の内ですかね(笑)

ところで一つ指摘させて頂くのですが、「CP357」のモチーフは
どうもスミス&ウェッソンではなくってコルト・パイソンって銃みたいです。

No title

モーゼルは一応ロボットタンクなのでロボットの頭部が排莢口の後に収納されてますよ
メタリックブルーに塗られてる部分がおでこです

No title

今更ながら指摘サンクスです
銃に関しては無知なので調べるのが大変・・・
記事修正いたします

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 コレクションブログ 珍しいコレクションへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。